ポリファーマシー対策に薬剤師の力が期待されている ~病院薬剤師の役割と介入方法~

ポリファーマシーは「poly(多く)+pharmacy(薬・調剤)」と書きますが、単に多剤併用のことをいうのではなく、多くの薬によって有害事象が生じている状態をいいます。...

あるとないでは大違い! 一包化を便利にする薬剤師お助けアイテム

病院の薬剤部や、施設や在宅を担っている薬局では、一包化指示の処方箋が大きなウェイトを占めています。自動分包機の性能にもよりますが、通常の調剤よりも時間を要する場合が多いでしょう。しかし、...

病棟薬剤師とよく関わる看護師さんが本当に知りたい情報って何?

薬剤師にとって、看護師は医師の次に関わる機会が多いという現場が多いと思います。今でこそ、病棟の薬剤管理は薬剤師が担っていますが、病棟薬剤師が常駐するようになるまでは、...

管理薬剤師が不在の日にインシデントが発覚!どう対応すべき?

薬剤師は誰しもインシデント(調剤ミス)を恐れていると思いますが、どんなに気を付けていてもミスは起こってしまうもの。患者さんに薬を渡す前に気付けばよいですが、...

患者さんからの質問にスマートに答えられる薬剤師になるためのWeb資料

薬局のカウンターでは、患者さんからいろいろなことを質問されます。最新鋭の店舗では投薬カウンターに電子媒体などがあるかもしれませんが、まだ導入されていない店舗も多いでしょう。投薬に不慣れな薬剤師は、...

施設看護師との円滑なコミュニケーション術とは?新人薬剤師へのアドバイス!

近年、訪問指導を行う薬局は急増しており、施設を受け持つ薬局も少なくありません。施設では、薬剤管理などについて、主に看護師さんとやり取りすることをご存じでしょうか。...

高齢者への服薬指導 ~ポリファーマシーを防ぐために薬剤師ができること~

日本では高齢化が急速に進んでおり、高齢患者に対する服薬指導の需要はますます高まっています。特に薬の服用種類が増えやすい75歳以上の高齢者人口が増加しており、...

先輩薬剤師が厳選!2020年新卒薬剤師におススメの本

この春に晴れて薬剤師になった薬剤師1年生のみなさん、おめでとうございます!国家試験受験に合格してからは、春からの煌びやかな社会人生活や、念願の現場で働ける!という期待で心躍っていたことでしょう。...

薬剤師に必要なコミュニケーションスキルはどうやって身につける?

かかりつけ薬剤師のニーズが高まっている今、かかりつけ薬剤師指導料を算定できる条件が整っていても、患者からの信頼がなければ、かかりつけ薬剤師になることはできません。患者から信頼されるために必要なもの、...

スムーズな復帰を目指して・・・ママ薬剤師が復帰前に準備すべきポイント

保活も終わって安心している薬剤師ママさん、復帰の準備は大丈夫でしょうか?「1年〜2年も仕事を休んで、まともに働けるかしら??」と不安に思っている方は多いと思います。 そこで今回はママ薬剤師のナナが、...