メトホルミンがブドウ糖を便に排出 神戸大が発見

神戸大学の研究チームは糖尿病治療薬「メトホルミン」がブドウ糖を便に排出する作用をもつことを発見しました。 研究チームがブドウ糖に似たFDGという物質を患者に投与し、体内での居場所を追跡すると、...

寄生虫が腸内細菌増やし1型糖尿病発症抑制 治療法開発につながる可能性

理化学研究所と国立感染症研究所の共同研究グループは、腸管寄生虫Heligmosomoides polygyrusが腸内にいるマウスで1型糖尿病の発症が抑えられることが分かったと発表しました。...

異常免疫細胞を「Tレグ」に。免疫抑制剤に代わりうる化合物発見

京都大やアステラス製薬(東京都)のチームが、体内の臓器などを誤って攻撃する異常な免疫細胞を、それとは反対に免疫反応にブレーキをかけ抑制する免疫細胞に変える化合物を発見したと発表しました。 これにより...