アトピー性皮膚炎の新薬「ネモリズマブ」治験で有効性を確認

中外製薬が創製した「ネモリズマブ」の臨床試験で、中程度から重度のアトピー性皮膚炎患者のかゆみ改善と安全性が確認されたと京都大大学院医学研究科のグループが発表しました。...

ブロモクリプチンがアルツハイマー病に効果ある可能性 京都大が治験開始

家族性のアルツハイマー病の患者を対象に、治療薬候補「ブロモクリプチン」を使った治験を開始すると、京都大学などのグループが発表しました。 「ブロモクリプチン」...