小児・産科医療のスペシャリストを目指せます!幅広い経験を積むことができます!

  • 給与:
    年収
    4,000,000円
    5,500,000円
  • 雇用形態:契約社員
  • 勤務地:東京都世田谷区
  • 病院
 
 

アピールポイント

国立成育医療研究センター病院は、日本で最大規模の小児・周産期・産科・母性医療を専門とする唯一の国立高度専門医療センターです。また、小児・周産期領域を中心とした研究所、臨床研究開発センターを併設したARO(アカデミック臨床研究機関)の機能を有する病院であることが大きな特徴となります。各病棟で病棟薬剤業務を実施してり、PICU(小児集中治療室)やNICU(新生児集中治療室)にも薬剤師を常駐し、薬剤の投与量の調整やTDMによる質の高い医療を提供しています。そして、服薬指導に関しては特に力を入れ、医師や看護師と共にチーム医療で患者さんを支えています。 見学からでも歓迎しています。皆様のご応募お待ちしております。

インタビュー記事

病院と研究所が一体となり、健全な次世代を育成するための医療と研究を促進することを理念に創設された、成育医療研究センター。創設以来、小児・産科医療での高度先進医療...

募集要項

募集職種
薬剤師
雇用形態
契約社員
業務内容
調剤 注射調剤 抗がん剤ミキシング 無菌調剤等 病棟業務 服薬指導
給与
年収
4,000,000円
5,500,000円
給与詳細
ご経験、スキルを考慮して決定 基本給 21万円~ 地域手当 4万2千円~ 扶養手当 子一人につき1万円 住宅手当 最大2万8千円 通勤手当 最大5万5千円 固定残業なし ※超過勤務、夜勤等実績に応じて支給 昇給 年1回 賞与 年2回(6月、12月)4.5月分
勤務時間
日勤:8:30~17:15 夜勤:17:15~8:30(含む当直)(応相談) ・1週間当たりの勤務時間は38時間45分
休日
4週8休制
休暇
年次休暇
社会保険
労災保険
雇用保険
厚生年金
健康保険
応募要件
薬剤師免許を有する方 雇用期間2020年2月~2021年4月頃(育休取得時)まで
募集背景
産休育休取得にともなう募集
選考プロセス
書類選考→面接

勤務地詳細

事業所名 国立成育医療研究センター
住所 〒157-0074 東京都世田谷区大蔵二丁目10番1号
勤務地情報
小田急線 成城学園前駅よりバスで9分 成育医療研究センター前よりバス4分
施設区分
病院
応需処方科目
内科, 精神科, 呼吸器科, 消化器科, 循環器科, 小児科, 外科, 整形外科, 形成外科, 脳神経外科, 皮膚科, 泌尿器科, 産婦人科, 眼科, 耳鼻咽喉科, アレルギー科, リハビリテーション科, 歯科
平均処方箋枚数
364 枚/日
処方箋枚数備考(繁忙期等)
《平均処方箋枚数 内訳》 入院処方:310枚/日 外来処方:54枚/日
開局時間
外来診療(初診):8時半~17時 予約センター:9時~17時 (平日) 救急センター:24時間365日対応
定休日
無し
電子薬歴有無
導入設備
自動分包機, 自動監査システム
診療科目
内科、精神科、神経科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、歯科
病床数
一般病床:490
院外処方箋率
78.0%
平均年齢
35.0歳
メッセージ
国立成育医療研究センター病院は、日本で最大規模の小児・周産期・産科・母性医療を専門とする唯一の国立高度専門医療センターです。また、小児・周産期領域を中心とした研究所、臨床研究開発センターを併設したARO(アカデミック臨床研究機関)の機能を有する病院であることが大きな特徴となります。各病棟で病棟薬剤業務を実施してり、PICU(小児集中治療室)やNICU(新生児集中治療室)にも薬剤師を常駐し、薬剤の投与量の調整やTDMによる質の高い医療を提供しています。そして、服薬指導に関しては特に力を入れ、医師や看護師と共にチーム医療で患者さんを支えています。
設立年
1938 年

法人情報

法人名
代表者
五十嵐 隆
設立年
1938 年
所在地〒157ー8535
東京都大蔵2丁目10番1号
メッセージ
国立成育医療研究センター病院は、日本で最大規模の小児・周産期・産科・母性医療を専門とする唯一の国立高度専門医療センターです。また、小児・周産期領域を中心とした研究所、臨床研究開発センターを併設したARO(アカデミック臨床研究機関)の機能を有する病院であることが大きな特徴となります。各病棟で病棟薬剤業務を実施してり、PICU(小児集中治療室)やNICU(新生児集中治療室)にも薬剤師を常駐し、薬剤の投与量の調整やTDMによる質の高い医療を提供しています。そして、服薬指導に関しては特に力を入れ、医師や看護師と共にチーム医療で患者さんを支えています。 創設以来、小児・産科医療での高度先進医療の開発と提供を行いながら、世界TOP10に入る小児病院を目指しています。