薬剤師専用 求人×PRサイト「ファーマボックス」求人掲載を検討中の方へ

ニュース

2020/01/10

アルフレッサ関連会社 調剤報酬不正23万件で9500万円返還へ

  2019年6月に発覚した、医薬品卸大手「アルフレッサホールディングス(東京)」の子会社による薬歴改ざん問題。問題発覚後、第三者委員会が調査を進めていましたが、2019年12月26日、関連 […]

2019/12/24

薬価1.01%引き下げで診療報酬0.46%引き下げへ。医療費は500億円削減

  政府は17日、令和2年度の診療報酬改定に関し全体で0.46%引き下げることを決めました。消費税増税に伴い臨時改定した元年度を除き、3回連続のマイナスであり、医療費は500億円程度削減され […]

2019/12/20

診療報酬明細書から飲み合わせチェックし通知<福岡市>

  福岡市は、国民健康保険の被保険者の診療報酬明細書をチェックして、改善の必要があるケースを抽出し、はがきで通知する取り組みを始めました。複数の医療機関から薬を処方されている高齢者の中に、副 […]

2019/12/13

効果が期待できる薬の発見わずか1割 「がんゲノム医療」

  標準的な治療では効果が見込めなくなった患者などを対象に、がん患者の遺伝子を解析して最適な治療薬を選んで投薬を行う「がんゲノム医療」。 今年の6月以降に遺伝子検査を受けた患者のうち、効果が […]

2019/12/10

薬剤耐性菌で死亡者8000人。国内推計初めて

  国立国際医療研究センター病院(東京)などの研究チームは、薬剤耐性菌によって2017年に国内で8000人以上が死亡したとの推計を発表しました。 全国の協力医療機関から集められたデータを基に […]

2019/12/04

アルツハイマー病治療薬アデュカヌマブ承認申請へ

  バイオジェン(米)とエーザイが共同開発を進めていたアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」が、来年にも米国で承認申請される見通しとなりました。 アデュカヌマブは18年12月までに18ヵ月 […]

2019/11/08

インフルエンザ異常行動で死亡4人、10代が最多

  厚生労働省によると去年9月以降の1年間に、インフルエンザを発症して治療薬を服用したあとに、突然走り出したり、高いところから飛び降りたりするなどの異常行動を起こした人が42人確認され、この […]

2019/11/06

異常免疫細胞を「Tレグ」に。免疫抑制剤に代わりうる化合物発見

  京都大やアステラス製薬(東京都)のチームが、体内の臓器などを誤って攻撃する異常な免疫細胞を、それとは反対に免疫反応にブレーキをかけ抑制する免疫細胞に変える化合物を発見したと発表しました。 […]

2019/10/21

ゾフルーザ、12歳未満への投与は慎重に。感染症学会が提言

  昨シーズン最も多く使われたインフルエンザの新薬「ゾフルーザ」。ゾフルーザを服用した患者から、耐性ウイルスが出ていることを受け、日本感染症学会は12歳未満の子どもについては投与を慎重にする […]

2019/10/16

スマホアプリが薬に。依存症の行動療法や、うつ病などに効果

スマートフォン用アプリなどのデジタルデバイスを利用した薬に注目が集まっています。 従来の通院ではケアできなかった生活上での行動療法に効果があり、既存の薬では治療が難しかった「心」や「考え」、「行動」へ […]

2019/10/15

国内初のα2作動薬・β遮断薬配合の緑内障点眼薬「アイベータ」承認

  2019年9月20日、緑内障・高眼圧症治療薬ブリモニジン酒石酸塩・チモロールマレイン酸塩(商品名:アイベータ配合点眼液)の製造販売が承認されました。適応は「緑内障、高眼圧症」、用法用量は […]

2019/10/09

ラニチジン、発がん性物質「NDMA」検出で自主回収へ

  ラニチジン塩酸塩に発がん性物質が含まれている可能性があるとして、薬を製造販売する11のメーカーが自主回収を始めました。 ラニチジン塩酸塩をめぐっては、欧州医薬品庁や米国食品医薬品局などが […]

2019/10/01

アルフレッサとヤマト、調剤薬局向け在宅医療支援サービスを共同開発

  アルフレッサ株式会社とヤマト運輸株式会社が、今後の医療提供体制への対応や労働力不足などの社会課題への対応を共同で検討するための「医薬品流通研究会」を2019年1月に開始し、その最初の成果 […]

2019/09/25

咳止めなど市販薬乱用。10代で薬物依存急増

  厚生労働省研究班にて、全国の入院設備のある精神科1566施設を対象に調査したところ、2018年に薬物依存などで全国の精神科で治療を受けた10代患者の4割以上が、せき止め薬や風邪薬などの市 […]

2019/09/18

RSウイルス流行 乳幼児の咳、喘鳴に注意

  RSウイルス感染症の患者が増えています。国立感染症研究所によると、8月26日~9月1日に全国約3000の小児科から今年最多の7673人の患者が報告されました。前週の報告に比べて一気に33 […]

2019/09/11

ぜんそく治療薬イブジラストで筋肉萎縮軽減 。抗がん剤の副作用に効果あり

  九州大大学院薬学研究院などの研究グループは、ぜんそくの治療薬イブジラストが抗がん剤の副作用の一つである筋肉の萎縮の軽減に効果があることを突き止めました。 心筋の萎縮を誘導するTRPC3- […]

2019/09/06

処方箋なしで医療用医薬品が買える零売薬局チェーン誕生。医療費削減の一助になるか

  処方せんなしで医薬品が買える零売薬局「セルフケア薬局 雷門店」が2019年8月31日にオープンしました。雷門店のオープンにより、「セルフケア薬局」は日本で初めてとなる零売薬局のチェーン展 […]

2019/09/04

遺伝子治療薬「コラテジェン」薬価60万円で収載へ

  厚生労働省は28日、体内に遺伝子を入れて病気を治す「遺伝子治療薬」の初の保険適用を決めました。この治療薬は、大阪大学発ベンチャーの「アンジェス」が開発した足の血管を再生する「コラテジェン […]

2019/08/29

脳機能の修復・再生薬、来年にも承認へ

  再生細胞薬による脳の再生に取り組む「サンバイオ」は2020年1月までに、外傷で損傷した脳機能を再生させる治療薬の承認を申請するとしています。「サンバイオ」が開発するのは再生細胞薬の「SB […]

2019/08/28

花粉症薬保険適用外に?!健保連が提言

  企業の健康保険組合で構成する健康保険組合連合会(健保連)が8月23日、医療機関で処方される「市販薬と同じ成分の花粉症治療薬」を医療保険の適用から除外し、全額自己負担にすべきだとする提言を […]

2019/08/23

湿布薬など市販類似薬の存在する処方薬、患者負担引き上げ検討

  厚生労働省は、医師が処方する軽症向けの市販類似薬の存在する処方薬について、患者負担の引き上げを検討しています。市販薬があるのに病院で処方される薬は年5千億円超あり、ここに切り込めば医療費 […]

2019/08/23

耐性菌発生の危険性 。海外での抗菌薬の利用控えて

  国立国際医療研究センター病院は、海外旅行中に安易に抗菌薬(抗生物質)を服用すると、耐性菌を国内に持ち込む恐れがあるとして注意を呼びかけています。 東南アジアや南アジアへの旅行者には旅行中 […]

2019/08/22

エボラ出血熱の新薬に期待。臨床試験で生存率9割示す

  アフリカのコンゴ民主共和国で行われているエボラ出血熱に対する新薬の臨床試験で、非常に高い生存率が示されました。 同国では昨年11月からアメリカの国立アレルギー感染症研究所(NIAID)や […]

2019/08/21

風疹が流行中 。先天性風疹症候群の報告も

  今年に入ってからの風疹の患者数が2000人を超えています。 2014 年以降報告がなかった先天性風疹症候群も2019 年に入り3人の報告がありました。 先天性風疹症候群の発生を防ぐために […]

2019/08/16

メマンチンにトラウマ記憶忘却作用、PTSDに改善効果

  東京大学大学院農学生命科学研究科の喜田聡教授らのグループが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状が認知症治療薬メマンチンで改善することをマウスの実験により明らかにしました。 実験では […]

2019/08/14

肝臓がんに新治療法。治療の順序を逆転させることで”生存期間2倍”に

  進行した肝臓がん(肝細胞がん)の新しい治療法で、生存期間が2倍近く延ばせるという研究成果を、近畿大などのチームが発表しました。 肝細胞がんは再発しやすく、患者の9割は中等度進行がんに至り […]

2019/08/09

効果が薄い薬にも保険適用。費用抑制のための検証急務か

  日本は、イギリスやフランスと比べると、医薬品に対する公的医療保険を使う基準が緩い実態が明らかになりました。処方額の上位50品目に関して日本経済新聞が調査を行ったところ、イギリスとフランス […]

2019/08/01

梅雨明けで三大夏風邪が急増!?

  三大夏風邪のひとつ、「手足口病」の患者数は国立感染症研究所によると7月14日までの1週間で1医療機関あたり12.64人(前週は9.79人)に達し、過去10年で最大となっています。さらに梅 […]

2019/07/31

カナダの薬局で薬剤師の実務研修が受けられる!「薬剤師実務研修サービス」が本格リリースへ

日本の薬剤師資格を持ち、カナダで薬局を経営する若子氏が手掛ける「薬剤師実務研修サービス」が本格的にリリースしました。 【カナダ薬局研修とは】薬学生および薬剤師を対象にした、カナダの薬局で実務研修が受け […]

2019/07/24

健康食品の専門家「健康食品領域研修認定薬剤師」に6人が認定

  2018年度からはじまった、神戸薬科大学による健康食品の専門知識を持った薬剤師を養成する「特定領域認定制度」。今年4月、初めて6人の薬剤師が「健康食品領域研修認定薬剤師」として認定されました。同大 […]

2019/07/17

市販薬の利用広がらず。医療費膨張の一因

  湿布など市販薬があるのに病院から処方される医薬品の総額が5千億円を超すことが日本経済新聞の調べでわかりました。市販薬と同じ成分を含む医療用医薬品の処方額を調べたところ、金額が最大だったのは湿布薬に […]

2019/07/17

オプジーボで小腸炎発症ののち死亡。重大な副作用に追記

  厚生労働省は9日、がん治療薬「オプジーボ」を使用した患者が副作用とみられる小腸炎を発症して死亡したと発表しました。 2016年度以降「オプジーボ」と「キイトルーダ」を使用した患者10人が小腸炎を発 […]

2019/07/12

服薬期間中の状況把握や指導、薬剤師への義務化を臨時国会で継続審議

薬剤師が調剤後も継続指導をすることを医薬品医療機器等法(薬機法)に明記し、薬局経営者に義務化する改定案について、引き続き国会で審議されます 。   秋の臨時国会で継続審議し、2020年の施行を目指して […]

2019/07/05

抗生物質が効きにくい薬剤耐性菌が世界的に増加。WHOがキャンペーンを実施

WHOは6月、抗生物質の薬剤耐性の増加を抑制し、その使用を安全なものとするための世界的なキャンペーンを開始しました。「AWaRe 」と呼ばれるこのキャンペーンは、抗生物質を3つのグループ、Access […]

2019/06/27

定額制の「かかりつけ医」制度で医療費削減を検討 ~厚生労働省~

「かかりつけ医」の登録制度が、厚生労働省で検討され始めました。診察料を月額制にすることで、医療費を抑えるというものです。他の医療機関を受診するときには料金を上乗せし、過剰な検査を招きやすい大病院の利用 […]

2019/06/25

医薬品の保険負担割合や調剤報酬の見直しについて言及 ~令和時代の財政の在り方に関する建議~

日本の国家財政に関わる重要な事項を調査・審議している「財政制度等審議会」(財務省の諮問機関)は、2019年6月19日に「令和時代の財政のあり方に関する建議」を麻生太郎財務相に提出しました。 主要分野の […]

2019/05/14

ゾフルーザの耐性ウイルス対策、夏にも指針

ニュースの核心 2018年3月発売のインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」で耐性ウイルスが見つかった問題で、日本感染症学会は、2019年夏頃をめどに指針をまとめる予定です。 1回の投与で高い効果が見込める […]

2019/04/17

薬剤師向けの副業・スポット求人を探せるサイトをご紹介!

薬剤師向け副業・スポット求人サイト「すきまシスト」 「すきまシスト」は、短時間で可能な仕事を探せる薬剤師向け求人サイトです 。 例えば以下のようなお仕事を探せます。 1週間だけ行う薬局内での短期的なお […]