ヤマト運輸が遠隔投薬での調剤薬局向けサービスを開始 アルフレッサと相互協力

アルフレッサとヤマトロジスティクスは遠隔診療での投薬における調剤薬局向けサービス開発の共同研究や営業支援等について合意したと発表しました。
ヤマトグループが調剤薬局向けに提供するソリューションを、アルフレッサは自らの医薬品流通ネットワークの活用により、調剤薬局を対象として紹介するとのことです。
ヤマトグループは調剤薬局から患者への処方薬の配送に関して、資材調達から配達、各種決済までをトータルにサポートするソリューションを提供するとしています。
ヤマト運輸のホームページ内に調剤薬局向けの専門サイトを開設しており、遠隔投薬に関連してヤマトグループが提供する各種物流サービス(配送サービス・決済サービス)や梱包資材などの業務サポートシステムを紹介しています。

参考: アルフレッサ株式会社とヤマトロジスティクス株式会社による 遠隔処方領域における相互協力に関する合意について(アルフレッサ ヤマトロジスティクス2020/06/26)
https://www.yamato-hd.co.jp/news/2020/mds9bo0000006ual-att/20200626.pdf

調剤薬局のみなさまへ(ヤマト運輸)
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/business/pharmacy/

ヤマトロジスティクスが遠隔投薬の際の配送システムの提供を発表しました。調剤薬局では、今までもヤマト運輸などの宅配サービスを利用して患者様宅に薬を送っていたと思いますが、今回発表したシステムではお薬代の回収サポートもしてくれるというサービスになっています。
0410対応で薬局に来局せずに薬を受け取れるようになりましたが、難点であったのが代金の回収でした。特別なシステムを導入していない場合、振り込みをしてもらうか次回来局時に支払ってもらうかになってしまう場合が多いため、回収が難しい部分があったと思います。
今回ヤマトロジスティクスが発表したシステムではWeb決済や代金引換に対応しており、代金徴収のシステムを整備していない調剤薬局では非常に便利なサービスと言えそうです。
新型コロナウイルスの流行で、遠隔診療・遠隔投薬が急速に浸透してきています。まだ整備面についておいついていかない部分が多いと思いますが、様々なサービスが始まっています。今後も遠隔投薬に関するサービスについて注目していきたいと思います。

関連記事

コロナ禍のオンライン診療解禁から考える薬剤師の職能発揮2 ~オンライン服薬指導~
新型コロナウイルスから守るためのオンライン服薬指導。
「配送の時間が必要」「送料がかかる」「対面より情報量が少なくなる」「ビデオ通話のための情報通信機器準備が必要」といったコストやデメリットはありますが、今は非常事態のためメリットを優先して各社導入が検討されています。

日薬が厚労省に要望書を提出 ~コロナ禍の薬剤師が伝えたいこと~
日本薬剤師会提出した「新型コロナウイルス感染症が薬局経営等に及ぼす影響に関する要望書」。『電話・オンライン診療から服薬指導に至るフローの周知』、『配送増加に伴うオンライン決済システムの導入と使用手数料の負担軽減』といった項目も含まれています。

調剤薬局が「慰労金」対象外に。対人業務と認められず薬剤師から怒りの声
薬局薬剤師が「対人業務のみ対象」の慰労金対象者に含まれていないことに、薬剤師を中心にさまざまな声が上がっています。

シェアする

この記事を書いた人

ユーザー pharmacist-nana の写真
国立大学薬学部卒業。調剤薬局にて正社員、派遣の勤務を経て出産。現在は子育てをしながらパート勤務中のママ薬剤師です。

関連記事

カテゴリの最新記事

2020.08.05
望まない妊娠を防ぐために服用する緊急避妊薬「アフターピル」を薬局で購入できるように求める要望書を、...
2020.07.31
厚生労働省はデキサメタゾンを新型コロナウイルス感染症治療薬として認定しました。5月に特例で承認したレムデシビルに続き、...
2020.07.17
中外製薬が創製した「ネモリズマブ」の臨床試験で、...
2020.07.02
耐性菌がカルバペネム系抗菌薬を効かなくする際に産生するタンパク質の働きを止める化学物質を、...
2020.06.26
禁煙治療のためのスマートフォン用アプリ「キュアアップSCニコチン依存症 治療アプリおよびCOチェッカー」...