薬剤師専用 求人×PRサイト「ファーマボックス」求人掲載を検討中の方へ

ナファモスタットが新型コロナ治療薬候補に  東京大学医科学研究所が試験投与

 

新型コロナウイルス感染症の治療薬として、膵炎などの治療薬ナファモスタットが挙がっていることがわかりました。
発表によるとナファモスタット(商品名「フサン」など)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の感染の第一段階である、ウイルス外膜と感染する細胞の細胞膜との融合を阻止することにより、ウイルス侵入過程を阻止する可能性があるとのことです。
3月初旬にはドイツの研究者がナファモスタットの類似薬であるカモスタット(商品名「フォイパン」など)の有効性を発表していましたが、カモスタットの場合、一般的な用量よりも多くの量を患者に投与する必要があるといいます。
東大の発表では、ナファモスタットは、カモスタットの10分の1以下の低濃度でウイルス侵入過程を阻止できるとしています。

参考: 東大、新型コロナウイルス感染阻止が期待できる既存薬剤を同定(東大新聞オンライン 2020年3月18日)
http://www.todaishimbun.org/coronavirus20200318-2/

 

ナファモスタットは2016年に東大医科研と日本医療研究開発機構(AMED)が、中東呼吸器症候群(MERS)の原因となったコロナウイルスが細胞に感染するのを抑制する効果があると発表していました。コロナウイルス全般に効果があるのかもしれません。
ウイルスの進入過程を阻止するとのことで、ウイルスの増殖を抑える別の薬とあわせて使用すると更に効果が高まるとみられているとのことです。
ナファモスタットは先発品のほか、ジェネック医薬品の販売も進んでいるとのことで、新型コロナウイルスへの効果が認められた場合、速やかに供給することができそうですね。
新型コロナウイルス治療薬候補にナファモスタットが加わったことで、治療薬候補は以下の五つになりました。

〈現在の新型コロナウイルス感染症の治療薬候補〉(2020/03/21)
・レムデシビル(エボラ出血熱治療薬)
・アビガン(新型インフルエンザ治療薬)
・カレトラ(抗HIV薬)
・シクレソニド(喘息治療薬)
・ナファモスタット(膵炎治療薬)

新型コロナウイルス治療薬について今後の報道に注目していきたいですね。