薬剤師専用 求人×PRサイト「ファーマボックス」求人掲載を検討中の方へ

新型コロナ疑われる場合イブプロフェン避けて WHO

 

世界保健機関(WHO)は17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状がある人はイブプロフェンの服用を避けるよう勧告しました。当面は、自己投薬するならイブプロフェンではなくパラセタモール(アセトアミノフェン)の服用を勧めるとしています。
これに先立ち、フランスの保健相オリヴィエ・ベラン氏はコロナウイルスに関して、イブプロフェンを服用しないほうがよいと推奨していました。
ベラン保健相の指摘は、イブプロフェンなどの抗炎症薬はある酵素を活性化することにより、新型コロナウイルスの感染を促進して症状を悪化させるという、医学誌ランセット(The Lancet)に掲載された仮説によるものだといいます。
WHOのクリスチャン・リンドマイアー(Christian Lindmeier)報道官によると、WHOの専門家らがこの件については検討中であり、後日指針を出すとしています。

参考;新型肺炎にはイブプロフェンの服用避けて、症状悪化させる恐れ WHO(live door NEWS 2020年3月18日)https://news.livedoor.com/article/detail/17982173/

イブプロフェンで新型コロナウイルス感染症が悪化する可能性があるとは驚きですね。WHOの公式ツイッターにおいても、この件について取り上げられていますが、まだデータが得られていないため、現時点での情報での判断であることが述べられています。*
真偽については検討中とのことですが、ただの風邪だろうと思っても、発熱・咳など新型コロナウイルス感染の可能性があるときはイブプロフェンを避けて薬を選んだ方が良さそうです。
また、イブプロフェンのみなのか、他のNSAIDsも含まれるのかはかなり気になるところです。NSAIDsは風邪のときに病院で処方される薬だけでなく、市販薬にも入ってくることが非常に多いため、早くこの情報の真偽が明らかになるといいのですが・・・。
今後の報告に注目していきたいですね。

参考:World Health Organization(WHO)  Twitter
https://twitter.com/WHO/status/1240409217997189128

*WHO公式ツイッター(2020/03/19)の情報を元に追記・編集しました