薬剤師のためのキャリア・働き方情報をお届け!

処方箋なしで医療用医薬品が買える零売薬局チェーン誕生。医療費削減の一助になるか

処方箋なしで医療用医薬品が買える零売薬局チェーン誕生。医療費削減の一助になるか

 

処方せんなしで医薬品が買える零売薬局「セルフケア薬局 雷門店」が2019年8月31日にオープンしました。雷門店のオープンにより、「セルフケア薬局」は日本で初めてとなる零売薬局のチェーン展開を実現することになります。
2019年7月12日発刊の日経新聞一面に「市販薬のある医療用医薬品の処方が最新の16年度データで5469億円もあった」という趣旨の内容が掲載されました。それに対し、2019年8月22日、健康保険組合連合会が、医療機関で処方される市販薬と同じ成分の花粉症治療薬について、医療保険の適用から除外し、全額自己負担にすべきだとの提言を取りまとめなど、保険財政のさらなる悪化に対する措置が喫緊の課題とされています。
「セルフケア薬局」を展開するSDC株式会社は、このような社会課題に対し、全国に零売薬局をチェーン展開することで、上記にある5469億円以上の医療費削減を目指しています。 SDC株式会社は、2店舗目となる「セルフケア薬局 雷門店」のオープンを皮切りに、3年以内に都内で100店舗以上のチェーン展開、そしてセルフケア薬局の全国チェーン展開を目指していくとのことです。

参考:日本初、処方せんなしで医薬品が買える零売薬局チェーンの誕生(2019/8/30 PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000048295.html

 

以前から零売という販売方法はありましたが、実施している店舗が少ないため、ご存知ない方も少なくないと思います。
処方箋医薬品でない医療用医薬品を処方箋なしで売ることを零売といいますが、病院の受診妨害になる可能性があるため、積極的に行うことが難しい実情がありました。
零売は薬剤師が薬を選ぶお手伝いをして販売する方法なので、普及すれば私たち薬剤師の仕事にも大きな変化が生まれる可能性があります。
また、零売は自費での支払いになるので、国の医療費に負担をかけません。現在、医療費削減のために色々な案が思案されていますが、零売の普及が医療費削減の一手になるかもしれません。

ニュースカテゴリの最新記事