在宅医療で薬剤師の臨床力をより発揮させるには ~チーム医療の現場から~

今回、在宅現場の第一線で働きながら、勉強会の主宰、大学の非常勤講師なども務める三谷徳昭先生にお話をうかがいました。10年前から在宅業務に本気で取り組み、...

世界初 がん新療法の「光免疫療法」薬が承認

楽天メディカルは新たながん治療法「光免疫療法」で使う薬剤「セツキシマブ サロタロカンナトリウム」(製品名アキャルックス)について、厚生労働省から製造販売の承認を得たことを発表しました。...

ロッカー受け取りで処方薬が24時間受け取り可能に クオール

調剤薬局大手のクオールは11月、処方薬をいつでも受け取れる専用ロッカーを店舗に設置すると発表しました。店内で待たずに、会社帰りなどに受け取ることができます。...

小学生ママ薬剤師の働き方 ~保育園から激変!? 転職や復帰のチェックポイント~

子供が小学生になって余裕が出てくるタイミングで、そろそろ薬剤師として復帰しようと考えるママ薬剤師さんも多いと思います。また、就業時間を見直したり、...

イナビル・リレンザ避ける動きも インフル吸入薬の服薬指導でコロナ感染リス

インフルエンザ流行期を前に、吸入するタイプの治療薬(イナビル・リレンザ)の使用を避ける動きが出てきています。インフルエンザと診断された患者が新型コロナウイルスに感染していた場合、...

本屋併設の調剤薬局が登場 地域の医療と文化支える空間を目指して

今年、大阪府豊中市に調剤薬局と本屋の機能を融合した薬局「ページ薬局」(有限会社フレンド)がオープンしました。絵本、小説、ビジネス書、料理本……ジャンルも多様で、在庫は約1000冊あるそうです。 「...

電子薬歴を介した患者さんへの価値提供。薬剤師の臨床経験を企業で活かす ~カケハシ~

薬剤師として積み重ねた臨床経験はかけがえのないものですが、それを活かせる現場は病院や薬局以外にもあることをご存じでしょうか。今回、薬局店舗主任を経て、...

薬局薬剤師にもコロナ慰労金を 宮城県薬剤師会が要望書提出

薬局薬剤師にも業務上、新型コロナウイルスへの感染リスクがあるとして、宮城県薬剤師会が慰労金の支給を県に要望しました。 宮城県薬剤師会は、秋田県や熊本県では調剤薬局の薬剤師にも独自の慰労金があるとして...

地域の人々にとってのベストな治療とは?患者本位の薬剤師を目指した14年間

今回、病院薬剤師を10年間経験したのち、地域の調剤薬局で活躍する斎藤大祐先生にお話をうかがいました。 患者さんの薬物治療において、病院と薬局それぞれが目指すベストは違うと言います。...

転職時に評価アップも?!薬剤師にオススメのプラス資格

薬剤師の昇給や転職時、どのようなことをしておけば評価アップにつながるでしょうか? 資格は「勉強をしている」というアピールにもなり、さらにかかりつけ薬剤師など、薬局の収益に関係してくる資格もあるため、...

ページ